ろんりさんすう(Yクラス)

1~100までの計算を目的とした幼児向け算数クラス

ろんりさんすうⓎは、身の回りにある物の数を数えるところから始まり、1から100までの数を使ってたし算やひき算ができるようになることを目的としています。

Y1クラスからY3クラスまでがあり、Y1クラスでは1から10までの数字を認識できるようになり、Y3クラスでは小学校1年生の内容を学習します。小学校1年生で初めてろんりさんすうを受講される場合、基本的にこのクラスからのスタートになります。

ろんりさんすう(Yクラス)の概要

授業時間1回45分
推奨学年

未就学

年少

年中

年長

小学校低学年

小学校中学年

小学校高学年

推奨年齢2~6歳
授業回数年間40回
授業頻度週1回
授業料各教室までお問い合わせください
入学金各教室までお問い合わせください
教材費各教室までお問い合わせください
時間割各教室までお問い合わせください

クラスについて

ろんりさんすう(Yクラス)のクラス

ろんりさんすうY1クラス

1から10の数を認識できるようになることが主な目的です。まずは具体物から数を認識するようにします。

たとえば、幼児にも親しみやすいように身の回りにある食べ物、動物、道具などが多数出てきます。これにより同時に語彙力も身につけられるようになっています。

また、果物シリーズや動物シリーズなど、具体と抽象を意識して教材が作られているため、国語の論理分野の「くわしくする言葉」「まとめる言葉」の学習の補完にもなります。

図形の分野では円、三角形、四角形という基本的な形を認識できること、長さや重さなど数量の比較ができるようにします。また、たとえば、絵の中で隠れている部分を推理したり、思考力の基礎を養ったりすることを目的としています。

対象学年:
未就学
年少
年中
学習内容:
かぞえてみよう
なかまのかずをかぞえよう
すうじをなぞろう・すうじのれんしゅう
いくつかな
数のごうせい・数のぶんかい
おなじかたちをえらぼう・かたちをあてはめよう
かたちをかこう
めいろ
えあわせ・形あてはめ・形作り
てんつなぎ・おなじかたちをかこう
どちらかな?
ろんりさんすうY2クラス

このクラスでは1から100までの数の認識ができるようになることと、2桁のたし算・ひき算の基礎を習得することが主な目的です。

まずは、具体物を使って、6~10までの数の分解と合成を学習します。幼児にも親しみやすいように、身の回りにある食べ物、動物、道具などが多数出てきますので、同時に語彙力も磨くことができます。これは、論理分野の「くわしくする言葉とまとめる言葉(具体と抽象)」の学習の補完にもなります。

図形の分野では、いろいろな図形があるということを認識し、ます目を使って同じ図形を自分でかけるようになります。また、長さや重さなど数量の比較もできるようになります。

対象学年:
年中
年長
学習内容:
数のごうせい・数のぶんかい
たし算
じゅんばん
ひき算
3つの数の計算
おなじかたちをえらぼう・かたちをあてはめよう
かたちをかこう
めいろ
えあわせ・形あてはめ・形作り
てんつなぎ・おなじかたちをかこう
どちらかな?
ならびかた
時計
ろんりさんすうY3クラス

このクラスでは、1から100までの数を使ってたし算とひき算ができるようになることが主な目的です。

Y1、Y2クラスと同様に、まず具体物から数を認識するところからスタートします。その後、数が増える様子や減る様子をイメージできるようにします。そして、その様子を数式に変換します。幼児童にとって、算数の学習をすることは、身の回りにあることを一般化(抽象化)するためのよい練習となります。幼児期に具体から抽象という頭の使い方を身につけることができるように出口式の算数は作られています。

図形の分野では、Y2までは、見た目でどちらが長いか短いかを判断していましたが、Y3からは端をそろえて比べたり、ます目がいくつ分かを数えたりと、基準を設けて比べる方法を学びます。また、展開図をかく学習や立体の表面積を求める学習に繋げることができるように、平面に図形を写し取る練習をします。

対象学年:
年長
小学校低学年
学習内容:
あわせていくつ・ふえるといくつ
のこりはいくつ・ちがいはいくつ
数のごうせい・数のぶんかい
たし算
じゅんばん
ひき算
100までの数
3つの数の計算
おなじかたちをえらぼう・かたちをあてはめよう
えあわせ・形あてはめ・形作り
てんつなぎ・おなじかたちをかこう
どちらかな?
ならびかた
時計
かたちあそび
かさねた形・はんたいの向き
つみ木はいくつある?

出口式みらい学習教室のカリキュラム一覧