ろんりこくご(Yクラス)

幼児期から始められる論理の入門コース

ろんりこくごⓎは、まず、プリントやカードを使って言葉に興味をいだかせ、言語能力を発達させます。最初は遊びの中に学びを取り入れることで、学習することは楽しいと認識することからスタートします。

Y1クラスからY3クラスまでがあり、Y1クラスでは文字を書くための「運筆」や物の名前を覚えることからはじまり、Y3クラスでは小学校3年生までの配当漢字をすべて読めるようにして、本格的な論理の入り口まで学びを進めていきます。

ろんりこくご(Yクラス)の概要

授業時間1回45分
推奨学年

未就学

年少

年中

年長

小学校低

小学校中

小学校高

推奨年齢2~7歳
授業回数年間40回
授業頻度週1回
入学金・授業料各教室までお問い合わせください
教材費各教室までお問い合わせください
時間割各教室までお問い合わせください

クラスについて

ろんりこくご(Yクラス)のクラス

ろんりこくごY1クラス

まだ言語能力が発達していないため、まず、プリントやカードを使って言葉に興味をいだかせます。

遊びの中に学びを取り入れ、学びに慣れて楽しむ段階からスタートします。講師の話す内容を聞いて理解し、指差しや単語の発話で子どもたちとコミュニケーションを取ります。

対象学年:
未就学
年少
年中
学習内容:
なかまのことば
はんたいのことば
何が・だれが、どうするの言葉
じゅんばんを考える
運筆
ひらがなの読み書き
ききとり
ろんりこくごY2クラス

Y1クラス同様に、プリントやカードを使って言葉に興味をいだかせます。

また遊びの中に学びを取り入れるのと同時に、単純に答えるのではなく、理由を徐々に意識するようにします。講師の話す内容を聞いて理解し、簡単な言葉で理由を答えることで、子どもたちの意見を尊重しながらコミュニケーションを取ります。

対象学年:
年中
年長
学習内容:
なかまのことば
はんたいのことば
何が・だれが、どうするの言葉
何をの言葉
くわしくする言葉
じゅんばんを考える
ようすや気持ちを表す言葉
運筆
ひらがなの読み書き
カタカナの読み書き
ききとり
よみとり
ろんりこくごY3クラス

言語の習得期です。小学校3年生までの配当漢字をすべて読めるようにします。

身近な物からより抽象度の高いものへという順番で学習していきます。

Y1、Y2クラスとはちがい、Y3クラスでは、小学校への入学準備を意識して、授業の雰囲気が学校の授業に近くなります。子どもたちが論理の規則に自ら気づくように、教材も授業形式も工夫しています。

対象学年:
年長
小学校低学年
学習内容:
なかまのことば
はんたいのことば
何が・だれが、どうするの言葉
何をの言葉
くわしくする言葉
じゅんばんを考える
ようすや気持ちを表す言葉
運筆
ひらがなの読み書き
カタカナの読み書き
ききとり
よみとり

出口式みらい学習教室のカリキュラム一覧