授業スタイル

お子さまに合わせた少人数制指導

image

一人ひとりに目を配れる指導を

出口式みらい学習教室では、1クラス2、3名程度の少人数制指導で、一人ひとりの様子に目を配りながら指導をしています。

無学年制ですので、お子さまの理解度に合わせて年度内での進級も可能です。年齢や学年・学校の異なる仲間の中で、お互いに刺激し合い新しいつながりが生まれています。

image

続けやすい学習ペース

お子さまにたくさんの「わかった!」を実感してもらうため、授業はスモールステップで少しずつレベルアップしていく内容となっております。

学習内容は、論理力と実践的な知力・思考力が身につくものになっています。

出口式では、単に「国語」や「算数」の枠にとどまらず、自ら課題を発見し解決できる力・国際的な視野で積極的に行動できる力・AIを駆使して創造的な仕事をこなせる力など、すべての物事について論理的に筋道を立てて 考えることのできる真の人間力が身につきます。

子どもと一緒に親も学ぶ

image

出口式みらい学習教室の最大の特色といえるのが、保護者にも一緒に授業を受けていただく点です。特に小学校低学年までは保護者の方にもお子さまと一緒に授業を受けていただくことを推奨しています。

子どもに論理を身につけさせる上で最も重要なのが「習熟」です。習熟とは、論理を無意識に使いこなせるようになることです。

たとえば、自転車の乗り方を覚えるとき、右足と左足を交互に力を入れたり、止まるさいは両手でブレーキを握ったりと、最初は乗り方をかなり意識します。親子で公園や空き地で一緒に練習した方もいらっしゃるでしょう。やがて乗り方を意識しなくても自然に運転できるようになり、自由に移動ができるようになります。

image

同じように、論理も身につけるためには、最初は意識して考え、読み、聞き、書き、話すことが非常に重要です。最初は論理を意識しながら考えていたのが、「習熟」すると、やがて論理そのものを意識せずとも使いこなせるようになります。

出口式みらい学習教室の授業は週1回です。しかし、週1回の授業では論理を「習熟」することはできません。子どもが無意識に論理を使いこなせるようになるには、親子での家庭学習も非常に重要なのです。

実は私たちも含めて“古い教育”を受けた大人は、「国語はこうあるべき」「算数はこうあるべき」という固定観念ができ上がっています。そこをいったん、まっさらにしていただくためにも、お子さまと一緒に親子で授業を受けてもらいます。そして、授業での講師の指導の仕方やお子さまへの接し方を学んでもらい、次の授業までに家庭で親子で学習してもらいます。これを繰り返していくことによって、親子で論理を「習熟」していくことが可能なのです。

また、子どもたちにとっては、自分の成長過程をつぶさに見てもらえることは大きな喜びであると同時に安心感にもつながります。お子さまの成長を目の当たりにしながら、新鮮な学びに刺激を受け、「楽しさ」や「必要性」を実感していただきたいと考えています。

出口式みらい学習教室のコース一覧

  • image
    論理国語Ⓢ

    論理国語Ⓢでは、本格的な論理の学習を開始します。現在S1クラスからS4クラスまでがあります。

    漢字の読み書きだけでなく、熟語や慣用句などを使って語彙力を鍛え、論理力を養成します。後半のS3~S4クラスでは、資料問題やディベートといった高度な内容にも取り組みます。

  • image
    論理算数Ⓢ

    論理算数Ⓢは、現在、S1クラスからS3クラスまであり、S1クラスで小学校2年生、S2クラスで小学校3年生、S3クラスで小学校4年生の内容を学習します。

    小学校2年生で初めて論理算数を受講される場合、基本的にS1クラスからのスタートになります。それぞれ基礎から始まり、小学校で学習する内容に加え、発展的な内容の授業を行います。

  • image
    ろんりこくごⓎ

    ろんりこくごⓎは、まず、プリントやカードを使って言葉に興味をいだかせ、言語能力を発達させます。最初は遊びの中に学びを取り入れることで、学習することは楽しいと認識することからスタートします。

    Y1クラスからY3クラスまでがあり、Y1クラスでは文字を書くための「運筆」や物の名前を覚えることからはじまり、Y3クラスでは小学校3年生までの配当漢字をすべて読めるようにして、本格的な論理の入り口まで学びを進めていきます。

  • image
    ろんりさんすうⓎ

    ろんりさんすうⓎは、身の回りにある物の数を数えるところから始まり、1から100までの数を使ってたし算やひき算ができるようになることを目的としています。

    Y1クラスからY3クラスまでがあり、Y1クラスでは1から10までの数字を認識できるようになり、Y3クラスでは小学校1年生の内容を学習します。小学校1年生で初めてろんりさんすうを受講される場合、基本的にこのクラスからのスタートになります。

出口式みらい学習教室のカリキュラム一覧